木造住宅耐震改修事業

各市町村では毎年、木造住宅耐震改修事業という、
耐震改修による補助制度が出ております。

HORI建築でも毎年数件取得させていただいております。


毎年5月頃から申請開始で、年度末までに工事を完成し、その報告をする事になります。

対象の主な要件としては、
①住戸の半分以上が住宅であること
②昭和56年5月31日以前に着工されていること(ここで耐震の基準が変わっています)
③在来軸組工法、枠組み工法の住宅
耐震診断の結果、評点が1.0未満で、改修の結果1.0以上となる改修を行うこと(条件によっては0.7以上)
となっており、

補助金の額としては、
対象工事の額の4分の3以内で、上限90万円になっておりますので、
かなり大きい額の補助が出ますので、
耐震改修が絡む工事をする場合は是非合わせてこの制度をご利用ください。


数年前までは、申請件数がそんなに多くなかったのですが、
最近はかなり増えてきており、
かなり早い段階で募集戸数がいっぱいになってしまっております。

いっぱいになると、大体は追加の募集枠が出ますが、
追加が出るまでの時間差が出て、募集できない期間が出てしまうので、
もし、耐震改修をご検討の場合は、早めの段階から計画を進めて、
募集が開始されたらすぐに申し込みをする事をお勧めします。



山口



HORI建築ホームページ
http://www.hori-aa.co.jp/

『イロトリドリ』イベント
http://irotoridori.jp/course_event/

福知山、綾部、舞鶴京都府北部を中心に自然素材や国産材を使い、
地球環境にも配慮した健康増進住宅を建てる工務店
萌黄の丘好評分譲中