地震に備えて

今回は地震の際に建物が倒壊しにくいようにする主な方法の
特徴を簡単に解説します。

① 耐震
② 制振
③ 免震
この3種類があります。



① 耐震
構造を硬くし、強度を高め、地震力に耐えるようにします。
壁の量を増やしたり、壁の強度を上げたり、金物によって行います。
費用は比較的かかりません。

② 制振
構造内に特殊ゴムやしなりのある金属等の制振装置によって、
構造に加わる地震力を約20%〜50%弱くします。
費用は約30万〜150万程になります。(建物規模や商品により異なります)

③ 免震
基礎部分に免震装置を取付け、建物に伝わる地震力を約80%〜90%弱くします。
費用は1件で約300万〜600万程になります。(建物規模や商品により異なります)


その効果だけで考えると免震を採用したい所ですが、
その費用はかなりの高額になってしまうので、
予算的に難しいと思います。

現実的なのは、耐震は当然押さえておきたいですし、
できれば制振を採用し、地震に備えておきたいですね。



山口



HORI建築ホームページ
http://www.hori-aa.co.jp/

『イロトリドリ』イベント
http://irotoridori.jp/course_event/

福知山、綾部、舞鶴京都府北部を中心に自然素材や国産材を使い、
地球環境にも配慮した健康増進住宅を建てる工務店
萌黄の丘好評分譲中